無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第124話

おにぎり
あなた

【グゥゥギュルルゥゥ…】

炭治郎
炭治郎
なんの音だ?
善逸
善逸
伊之助
伊之助
誰だ!!
あなた

……///

あなた

ごめん…私のお腹の音……////

伊之助
伊之助
お前の腹かよ!!!!
【ポンッ】←お腹叩く
あなた

ちょっ?!

善逸
善逸
お前ぇぇぇぇ!!!!
何やってんだよ!!!!!
善逸
善逸
なんでお前みたいな猪頭が可愛いあなたちゃんの可愛いお腹叩いてんだよ!!!!!
あなた

可愛い…?
【ボソッ】

炭治郎
炭治郎
お腹空いてるのか?
あなた

えっ、うん……
朝から何も食べてないから

現在、夜の8時
善逸
善逸
えぇ?!?!
炭治郎
炭治郎
朝から?!?!
伊之助
伊之助
??
あなた

うん

炭治郎
炭治郎
わかった!!
じゃあ今からおにぎり作りまーす!!!!!
伊之助
伊之助
なんだそのテンション
おい権八郎!!!!!
善逸
善逸
はいはい伊之助お前落ち着け
伊之助
伊之助
黙れ紋逸!!!!!
善逸
善逸
お前が黙れやっ!!!!!
あなた

本当?!

あなた

やった〜!
炭治郎のおにぎり久しぶりだ〜

炭治郎
炭治郎
任せとけ!!
最高のおにぎりを作ってやるからな!!!!!
炭治郎
炭治郎
米は火加減が大事なんでさぁ……
伊之助
伊之助
だからテンションどうしたって言ってんだよ炭八郎!!!!!
善逸
善逸
痛っ!!!!!
お前殴んなよこの猪頭!!!!!
伊之助
伊之助
黙れ紋逸!!!!!
善逸
善逸
だーかーらお前が黙れってぇの!!!!!
あなた

(もう慣れた)

あなた

(いつも通りの光景だ)














炭治郎の握ったおにぎり食べたい。