第4話

オフ会 前編
218
2018/12/21 16:54
菜々子(ななこ)
まだかなぁ〜
今日は、オフ会の日だ。
と言っても、昨日決めたばかりだけど。
奏多(かなた)
もしかして、菜々子ちゃん?
菜々子(ななこ)
そ、そうですけど…
奏多(かなた)
やっぱり!
奏多(かなた)
僕、奏多!
菜々子(ななこ)
あぁ、奏多くんか。
菜々子(ななこ)
記憶は大丈夫なの?
奏多(かなた)
一応ね。
奏多(かなた)
昨日のroomでのトークと、書き残してあったメモを見てなんとなく。
奏多くんは、小柄で全体的に色白なイメージだ。
その後、理人、要、大和、飛人、最後に明希人の順番で集まった。
菜々子(ななこ)
どこいく?
飛人(ひびと)
とりあえず、そこのカフェでいいんじゃないかな?
要(かなめ)
賛成。
菜々子(ななこ)
じゃ行こ!
私がみんなと会って1番に思ったのは、
全員イケメンだということ。
系統は違えど、全員イケメンだった。
明希人(あきと)
あ、ここ知ってる…
理人(りひと)
そうなんですか?
明希人(あきと)
いつかは忘れたけど、ここに誰かときた気がします。
大和(やまと)
じゃ、早速入ろ!
菜々子(ななこ)
7人でお願いしまーす
店員
では、こちらへどうぞ。
店員に案内された席に、みんなが一斉に座る。
奏多(かなた)
早速で悪いんだけど、明希人くんってどこまでの記憶があるの?
明希人(あきと)
どこまでというと…?
奏多(かなた)
5×5
明希人(あきと)
25
奏多(かなた)
こういうこと。
理人(りひと)
貴族の時代は?
明希人(あきと)
平安…だったかな?
菜々子(ななこ)
常識的なところは残ってるみたいね。
そこから1時間ほど経ち、みんなが帰ろうと店を出た時だった。
???
殺す…

プリ小説オーディオドラマ