第11話

出会いと別れ ~M.Kouji~
550
2019/12/11 09:51












あなたside















春 … 出会いの季節であり,別れの季節 …



ついこの間中学校生活を共にしてきた友達と別れたと思えば,高校で出会った新しい友達 .



その友達のひとりが春,親の都合で転校していき

転入生が入ってきた .









結構仲良かった友達だったからショックなんだけど











向井「どーも!関西からきました向井康二っていいます!」





あぁ … なんかノリについてけないタイプだな




絶対関わらないでしょ …





向井「もうね,ほんとすっごい も すっごい緊張してすっごいゴイゴイスー!」



ははっ もうみんなの心掴んでるや




まぁ人のネタなんだけどね((








… 絶対関わらないって思ってたのに


いつの間にか君に惹かれていって …





2年の修学旅行のとき,同じ活動班になって,






君から告白されたときはすっごく嬉しかった .




即OKをした


けど … それと一緒に不安もあったんだよね


来年は受験生 …

そのあとはお互い違う大学へと進む


また … 別れがくるんだなって


その不安を彼にぶつけることもなく,


時間だけが過ぎていった




























そして今日は卒業式 …


やっぱ3年間ってあっという間すぎて寂しい













「あなた ~ ! 今度また夢の国行こーね!」

『うん!』


「あなた彼氏とらぶらぶすぎて入る隙なかったんだけど 笑 」


『まぁ幸せってことで? 笑 』




「あなた ~ !! 写真撮ろ!最後の思い出!」

『は ~ い!!』








「 … あなた」



『あ,こーちゃん!』


向井「あなた人気者やな ~ 」


『いやこーちゃんの方こそでしょ』


向井「まぁモテる男は辛いよなぁ ~ 」((


『嫌味かよ !! あ ~ あ ボタンもう全部ないし』


向井「 … (ポケットの中を探す) っあ!あった」



『 … なにが?』


向井「ほれ」(手に乗せる)



『 … ボタン?』


向井「女の子ってこーゆーの欲しがるよなぁ」





なんでなん? なんて言ってるこーちゃん


私のためにとっといてくれたの … ?


あぁもうっ … さりげなくそんなことするのかっこよすぎかてっ …






『すきっ … だいすきっ』((小声


向井「ん?なんて?」


『や,なんも?』


向井「そーか?」


『おんおん』


向井「はぁ ~ あ これから一緒の学校通えへんのかぁ 寂しいな? 笑 」


『 … 別に?』






… 嘘です . ちょーーーーーぜつ寂しいです

同じ空間にこーちゃんがいないって


なんか … 考えきれない




向井「俺は寂しいで?」



『 … うそ』



向井「ほんまやで?不安でしかないもん」


『 … 』



向井「春すきやけど嫌いやなぁ」


『どういうことよ 笑 』



向井「だって春って楽しいやん?色々と花とかもきれいやし1番平和な季節やと思っとる」



『そうなんかなぁ』



向井「そうやで?けど," 出会いと別れ " が辛いよなぁ 大事な人と別れがくるって1番いや」



『 … 私と同じこと思っとる』
『やっぱ同じとこが良かったんかなぁなんて今更後悔しとるし』



向井「でもその " 出会いと別れ " のおかげで俺たち出逢っとるようなもんやで?」


『まぁ … たしかにな 笑 』



向井「そのせいであなた少し関西弁なっとるで」



『え" … 嘘やん』


向井「たまにな?」


『えぇ … なんかいややぁ』



向井「あなたの関西弁可愛いからすきやで?」



『うっさッ … //』




向井「俺たち大学行ってもらぶらぶなんやろなぁ」


『やといいね?』



















そのあとの2人は春になると

やっぱり出会いと別れを繰り返して


いろんなストーリーがあったそうです









# えんど

























ま っ て 季 節 違 い す ぎ わ ろ た (

プリ小説オーディオドラマ