第10話

心配かけんなよ ~N.Reia~
670
2020/01/26 15:00












あなたside













『今日1人で帰るから先帰ってて』


中村「1人で大丈夫?危なくない?」


『ッチ … 大丈夫だっつーの』


『そーゆーのいちいちウザいから 笑』


中村「そっか ごめん 気をつけてね?」








あぁもう当たりたくないのに
自分が機嫌悪いからって嶺亜に当たって
嶺亜にとってはいい迷惑だよね 笑



































『っはぁ はぁ はぁ 』



" ラスト1セット ~ !! "









大会が近いから練習にラストパートをかけて



終わったのは夜の20時を回ったころ


あぁっ 暗すぎ …

いつもは嶺亜が待っててくれるから


怖くないんだけどね 笑


今日は先に帰ってって八つ当たりしちゃって

まぁ自己責任ということで頑張って帰ります


























ねぇなに?なんでこんな時に限って誰か後ろいんの
はやくどっか曲がってよっ … 怖いから







スマホっ … スマホ … あ,あった








宛先 : 中村嶺亜

_______________________________________
お願い!!たすけ|
_______________________________________




… なに送ろうとしてんの?

自分から1人になりたいって言ったんだから
嶺亜に頼っちゃだめでしょ …





そのままポケットの中にスマホをいれて



走って … 走って帰れば大丈夫だからっ … うん



よしっ … そこの角を曲がったらすぐ走れ








『っはぁ はぁ もうっ … きょうなんかッ はしればいいのっ … しつこすぎっ はぁ 』










無駄に速いとかやめてよまじでぇ







ドタッ














『ぃったぁっ … 』




さいっあく … 足くじくとかほんとむりっ …





「っはぁ はぁ はぁ さっすが足速いねっ はぁ 」
「あなたちゃん なんで逃げるの?」
「これから僕の家に来ない?楽しいことしよう?」
「あ,足くじいた?」
「おんぶしてあげる軽そうだしね」



『ちょっ いいからっ … 触んないでっ … 』


「え?なんで?」



こっちにジリジリ近づいてきて壁際に追いやられた

痛くて立てないから逃げれない
それをいいことにどんどん距離を縮めてきて
太ももらへんをさわさわ触ってきたりきもちわるい



『っとにッ … やめて 』





ははっ もう終わったな 私の人生終わった

このままヤられるんだ 嶺亜に合わせる顔ないし




「あれ?抵抗しないんだ?」


『もう … どうでもいいし』

「ふーん じゃあヤろっか」












手がスカートの中に入ってきたとき …













??「なに言ってんの?どうでもよくないでしょ」



『れいあっ … 』



中村「メール打つなら最後まで打ちなよ」
中村「途中までだったら意味わかんないから」



『なんでっ … メール送ってないし』


中村「送ったつもりなくてもなんか当たって送られてきたんじゃない?」
中村「スマホそのままいれる癖あるでしょ」



『たしかに … 』



「あのさ君誰」


中村「え?あなたのストーカーしてたならわかるでしょ彼氏だけど?」


「でも今日一緒に帰ってないし朝だって言い合いして … 」


中村「まぁ間違ってはないわな あれ 別れたとか思った?残念別れる気ないから」


「ッチ もういい」


中村「まてやおっさん」
中村「警察行こ?女子高生にストーカーしてたんだからさ」



「っ … 」


中村「行くよね?」



「 … わーったよ」

中村「じゃ電話するね ~ 」


































そのあとはすぐ警察がきてストーカー(?)は捕まった





『嶺亜?』



中村「ん?」


『怒ってる … ?』


中村「 … 怒ってる」


『じゃあ … 置いて帰ればいいのに 嫌いになればいいのに 迷惑だって言えばいいのにっ … 』


中村「なんか勘違いしてない?」


『なにを …っ… 』


中村「怒りはしてるよ?こんな心配かけて もうどうでもいい なんて言うし」
中村「だけど好きだからここまですんだけど?」
中村「迷惑なんて1㍉たりともおもってないし」



『ばかっ … ばかれいあっ』



中村「いやばかにばかって言われたくないんだけど?」


『っあぁもう 触られたとこ汚ないけがれた』



中村「はいはい 消毒しましょーね」










やっぱ嶺亜がいないとなって思った

嶺亜が一番だなって実感できた
迷惑ばっかだけど好きでいてくれてありがとう



















(中村「あ,これから1人で帰るの禁止」)
( 『なんでよ』 )
(中村「またあんなめに合ったら危ないでしょ」)
( 『 … はーい )












# えんど








________________________________________





新 作 作 っ た ぶ い


幸 せ へ の カ ウ ン ト ダ ウ ン


っ て や つ 消 し た ん で 出 し て み ま し た


見 て み て く だ さ い ☺

プリ小説オーディオドラマ