無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11話 R
小瀧先生
小瀧先生
じゃああなた。始めよか
貴方
貴方
うん
小瀧先生
小瀧先生
俺、まず入れていい?
神山先生(お兄ちゃん)
神山先生(お兄ちゃん)
ええよ
重岡大毅
重岡大毅
じゃ俺は舐めてもらおうかな
私の口に重岡くんのモノが入ってきて下の口にはのんちゃんのモノが入ってくる。
神山先生(お兄ちゃん)
神山先生(お兄ちゃん)
あなた、俺の手でやってくれん?
私がゆっくりと手を出すとお兄ちゃんはカチャカチャとベルトを外した。お兄ちゃんのモノなんて見るの初めてで、おっきいんだなぁなんて思ってしまった
貴方
貴方
んあっ
ゆっくりと腰を振るのんちゃん。
重岡大毅
重岡大毅
俺のもしっかり舐めてな?
重岡くんのモノが大きくて声が出せない。私はこくこくと頷いた
重岡大毅
重岡大毅
ふぇらめっちゃ上手いやん
小瀧先生
小瀧先生
あなた初めてやで
重岡大毅
重岡大毅
やっば笑
重岡大毅
重岡大毅
待ってあかん上手すぎ。でるっ
どぴゅどぴゅ

重岡くんは私の口の中に白く濁った液体を出した
重岡大毅
重岡大毅
待ってな。ティッシュとるから
ゴクッ
重岡大毅
重岡大毅
飲んだん!?
貴方
貴方
うん。えへへ
小瀧先生
小瀧先生
こっちにも集中してや
そう言うとのんちゃんは激しく腰をふった
貴方
貴方
ああっのんちゃっダメぇ
神山先生(お兄ちゃん)
神山先生(お兄ちゃん)
んあっあなた、こっちにもな
貴方
貴方
うん。アアッ逝っちゃ
小瀧先生
小瀧先生
ええよ。逝き?
貴方
貴方
アアッ
神山先生(お兄ちゃん)
神山先生(お兄ちゃん)
俺もっ
小瀧先生
小瀧先生
あかんっでる!
重岡大毅
重岡大毅
あなたとまたヤリたいな
貴方
貴方
あたしも重岡くんとまたヤリたいかな
神山先生(お兄ちゃん)
神山先生(お兄ちゃん)
俺もあなたとヤリたいな
貴方
貴方
あたしも!
小瀧先生
小瀧先生
こいつめっちゃ可愛いやろ?
神山先生(お兄ちゃん)
神山先生(お兄ちゃん)
可愛い。さすが俺の妹
貴方
貴方
可愛くなんかないで
重岡大毅
重岡大毅
めっちゃ可愛かった
貴方
貴方
ありがと