無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第41話

#アオハルしよ? in神奈川
『西畑大吾』
















































『じゃあ高橋。』
高橋「俺っすか...」
『なんかある?』
高橋「えー...」
藤原「ちょ、西村おいで」
西村「はい」
『どーやった?』
西村「夜、高橋くんがどっか行ったんですよ。なんで僕メンバーのとこ行って遊んだんですけど、1時ぐらいに部屋戻ったらいてないんですよ。で、ま、いっかと思って寝たら2時半過ぎに流星くんに連れられて帰って来たしたw」
道枝「何してたん!?w」
高橋「いや、長尾の部屋で遊んでたんっすよ。そしたら知らん間に寝てて、w気づけば部屋にいましたね。」
大西「そやで!恭平が起きてくれへんしさ、謙杜は半分ねてるしでさ、1人で恭平部屋連れてったんよ!」
高橋「あざっした。」
『反省する気なしですねw』
『じゃあ、お待ちかねの丈橋聞きましょか』
向井「丈橋〜!」
藤原「康二うるさいねん」
(キャー)
藤原「はいはい分かったから」
大橋「えっとね、俺らんことは自由やったw」
藤原「そうそう、俺はゲームしてたし、大橋はずっとお菓子食べてた」
大橋「誰も部屋来て来れへんかったし2人で寂しくおったw」
藤原「まぁ、2人は許すやん?けどさ、大橋が床にお菓子のカスポロポロ落としてんねん。片付けて言うてんのにあとからやる言うて寝よったんですよ!」
大橋「それはごめんやて」
藤原「結局俺が掃除やで」
大橋「まぁ丈くん優しいから許してくれるかなーって」
藤原「...発表行きましょ」
『あ、もうします?』
大西「ここはリーダーに任せましょうよ」
道枝「お願いします」
大橋「任しといて!」
藤原「心配やわー」
大橋「えっと、なにわ男子2020年、あけおめin大阪城ホール決定しましたー!」
「いぇーい!」
( キャー)
『ありがたいことに来年もやらせてもらいます。』
長尾「いやーほんとに嬉しいですね」
高橋「今年で3年目ですからねー」
大西「皆さん待ってますからねー」
\ ウ-ウーウー /