無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

DRONE×鬼
『若結あなた』













































《第1ステージ》
『待って、めっちゃ怖いんですけど!』
『HiHiいないの?』
『あー!!もーほんとに無理だよー』





『いやだぁ!ほんとに怖い!』
“皆さまにお知らせです。HiHi Jets猪狩蒼弥アウト”
『はい!?』
『いやいや蒼弥ーぁ!!』


指原「あなたちゃん面白いw」
陣内「めっちゃ叫んでるやんw」


『優斗ー...めっちゃ怖い』
髙橋「分かるわ」
『ガリさん捕まったし』
髙橋「ね。あなたチケット見つけた?」
『まだ』
髙橋「屋上探しに行こうよ」
『1枚しかなかったら?』
髙橋「先に見つけた方の」
『了解』


髙橋「ねーあのゴミ箱怪しくない?」
『それな』
髙橋「どっち開ける?」
『じゃんけんで』
髙橋「おけ。さいしょはぐーじゃんけん」
髙橋「ぽん (ぐー)」  『ぽん(ちょき)
『いやーぁ!』
髙橋「行ってくる」
髙橋「え、ない」
『嘘だ!』
髙橋「え、ほんとにないんだけど」
『そんなはずはない!』
髙橋「けどさー...ない!」



陣内「wwいや、あるって!!w」
指原「あるんだよ!w」


髙橋「待って、ドローン!!」
『ひゃー!やだ!!』
髙橋「ちょ、あなた!」
『優斗ごめんー!』


『優斗捕まっちゃった』
『あのですね、このゴミ箱にありますね。さすが優斗です。ってことでもらいますねー。ありがとうございます!』



指原「気づいてたんだw」
陣内「言ってあげようよ!w」
指原「でもここからですからね。ドローンありますから」


『あーこわ!』
井上「見つけた?」
『うわッ!!びっくりしたーぁ』
『見つけた』
井上「一緒に行こ」
『ダッシュ!』
井上「いくよ?3、2、1」



『やったー!』
井上「よかった...!」
アナウンサー「おめでとうございます!第1ラウンド突破です!」