無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

DRONE×鬼
『若結あなた』













































《第2ステージ》
アナウンサー「お次はおばたのお兄さん、安藤美姫さん、若結あなたさんの挑戦です」
アナウンサー「若結さん、この挑戦どうでしょうか?」
『怖いです...けどね、ゆうぴーとガリさん、2人の分もがんばりたいと思います!』
アナウンサー「さぁ、逃げ切ることはできるのでしょうか。レディーゴー」





アナウンサー「3、2、1、逃げ切り成功!」
『やったー!』
アナウンサー「安藤さん、若結さん見事な活躍でしたね。」
『がんばりました!』
アナウンサー「ということでファイナルステージ進出です!」
『やった!!』




『瑞稀おつかれ』
井上「あなたもね」
髙橋「瑞稀くんとあなた凄いね!」
『ゆうぴーよりはね』
猪狩「てかさ、なんで逃げ切れんの!?」
髙橋「ほんとに!てかあなたどこにチケットあったの?」
『さーね。放送までお楽しみで』
髙橋「ねぇ!!あなた!w」
猪狩「残りも頑張ってね。応援してまーす」
『ありがとう』
井上「がんばるわ」