無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

DRONE×鬼
『若結あなた』













































《ファイナルステージ》
『みんなで協力して最後までがんばりましょう!』




『いやー、怖い。2戦クリアしてても慣れないよ...w』
『あ、瑞稀!!』
井上「あなた!どう?」
『めちゃくちゃ怖い』
井上「だよねw」
安藤「生き残るために協力しません?」
藤光「この4人でタッグ組みましょ」
井上「組みますか」
『そーしましょ』









安藤「まって!いやー」
安藤「ごめんなさい。頑張ってください」




『残り1分!』
藤光「逃げ切りましょう」
井上「絶対いけます!」





『やば!早いって!!ねぇ、むり!』
『ごめんなさい、あと1分ないんでがんばってください!』


井上「早っ!!」
井上「無理だーぁ!藤光さんがんばってください!」





藤光「あー!あと20秒だったのに」





指原「お疲れ様でした」
陣内「皆さん凄かったですね!」
指原「みなさん惜しい所まで行ったんですけど、、若結さんどうでしたか?」
『あとちょっとだったんですけどね...。ドローンめっちゃ早かったです』
陣内「井上くんは?」
井上「やっぱドローンには叶わないですねw」
指原「ということで今回は賞金獲得ならず...」
陣内「またいつかみなさんリベンジしてください!」

“END”





『疲れた〜』
井上「もう無理。」
髙橋「おつかれさま」
猪狩「2人めっちゃ走るの早くない!?」
井上「早くはない。体力があるだけ」
『あとは瞬発力』
髙橋「俺が脱落した理由が分かった気がするw」