無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

野郎組。
橋本くん、作間くんのことがあったけどこの小説では2人とも出させてもらいます。
気分を悪くさせてしまったらごめんなさい。




『若結あなた』













































野郎組の撮影なう
しかも最終回!!!((飛ばしすぎ!byあなた
『おはー』
佐藤「おはよ!」
岩﨑「おはよ」
『ねーどうする!?最終回だよ!?嫌だー』
髙橋「現実みよ!」
作間「そうだよ!どうせ同じ事務所なんだし」
『ゆうぴー、さくまくん!だね!』
作間「あなたが言った“さくまくん”って俺のことじゃないよね?w」
『かもねw』
猪狩「佐久間くんのこと?ややこしいねw」
『嶺亜と尚大は?』
猪狩「しらねー」
中村「おはようございます」
『嶺亜〜!おはよ!』
中村「あなたか、おはよ」
『嶺亜遅い』
中村「ごめんね」
髙橋「織山くん知らない?」
『知らない。LINEしてみる?』
髙橋「よろ」
『無理に若者感出さなくていい』
髙橋「あなたと年齢変わらないからね!!」
『残念でした、あなたの方がら1個年下だもんね』
岩﨑「変な張り合いはいいから!」
『あ、ごめん』









You.W
You.W
なおー
You.W
You.W
撮影始まるよ?まだ?
Nao.O
Nao.O
もうすぐ着く!
Nao.O
Nao.O
ほんとにごめん
You.W
You.W
どーした?
Nao.O
Nao.O
学校出て電車乗ったら止まった...
You.W
You.W
電車止まってたんだ
Nao.O
Nao.O
そう
You.W
You.W
だから?
Nao.O
Nao.O
うん
You.W
You.W
了解!待ってるね。気をつけて
Nao.O
Nao.O
ありがとう。すぐ向かいます










『電車ストップと言う災難に会ったそうです』
佐藤「巻き込まれた系男子」
岩﨑「それ何w」
『もうすぐ着くってさ』
作間「了解」



織山「遅れました。ごめんなさい」
『大丈夫ー』
スタッフ「早速だけど撮影始めても大丈夫そう?」
織山「はい!」
あ、言うの忘れてたけど私は尚大演じる四谷の幼馴染の一ノ瀬澄珠いちのせ すず役ね。
スタッフ「撮影はじめます!スタート!!」


ごめんなさい!とばします。。