無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

いち
最近、


ユンギヒョンが冷たい

俺とヒョンは恋人だ。

前まではキスとか触ってくれたのに
いまじゃ、何にもしてくれない。

俺に飽きたの…?
魅力がないから…?







ポトポトポトポト· · ·
キッチンでインスタントコーヒーにお湯を注いでいるヒョン。






전정국
전정국
…ヒョン、
민윤기
민윤기
……ん
                                   ほら、…
전정국
전정국
ヒョン、僕に飽きたんですか?
전정국
전정국
それとも他に、好きな人が出来たんですか?


俺は怒りでヒョンの手首を強く握った。

その勢いでヒョンが片手に持っていたコーヒーがこぼれ落ちヒョンの手にかかった。

そして、白いその手が赤くなった。

민윤기
민윤기
あっ…っ、
전정국
전정국
ごめんなさい、…ごめんなさいヒョン!!、、
전정국
전정국
今、氷もっ
言葉をいい終える前に手を捕まれヒョンの部屋に連れて行かれ、ベットに投げられた。






無名
無名
※次からR18入ります