無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第112話

ひゃくなな










時計を見ると 、もう21時を指していた 。









もちろん 、外は真っ暗 。









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 あなた 、一緒に帰ろ 
y o u
y o u
 え?大丈夫だよ?ひとりで 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 何時だと思ってんの? 
y o u
y o u
 21時 。 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 そう 、その通り ㅎ
 女の子1人は危ないからだめ 
y o u
y o u
 大丈夫だってば ㅎㅎ 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 俺が大丈夫じゃない 、だめ ㅎ 










そう言って半ば強引に連れて行かれました 。









y o u
y o u
 テヒョンオッパほんとに大丈 、、、、 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 だーめ 










私の腕を掴んだまま離してくれません 。









ぐ く
ぐ く
 うわぁ〜ヒョン!!
 腕なんか掴んじゃって 、、、、! 
じ み ん
じ み ん
 お前も積極的だなぁ〜 ㅎㅎ 
ほ そ く
ほ そ く
 男らしくなったなぁ〜 ㅎㅎㅎ 










注目が一気に集まってほんとに恥ずかしい 、、









な む じ ゅ ん
な む じ ゅ ん
 あなたさん 、、 でしたよね?? 
y o u
y o u
 はいっ! 
な む じ ゅ ん
な む じ ゅ ん
 僕らのことは全然お気遣いなく!
 今日ライブで体力も使って 、
 日本から来た疲れもあるだろうから 
 ゆっくり休んでください
ゆ ん ぎ
ゆ ん ぎ
 泊まってるホテルまで送りますよ 










優しすぎて泣きそうですあなたちゃん ←










next