無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第107話

ひゃくに










え 、まって 、、 ここって 、、、、








もしかして控え室 、、、、、、?









ぐ く
ぐ く
 お疲れ様です〜〜〜 、、 って! 
 あああああっ!!!!










兎みたいな子がこっちに飛んできました ←









ぐ く
ぐ く
 えっあなた見に来てたのっ!? 
 久しぶり〜〜会いたかったぁぁ! 
y o u
y o u
 グク久しぶり〜〜 ㅋㅋ 
ぐ く
ぐ く
 ていうかなんでここに 、、? 
y o u
y o u
 ここって控え室なの 、、? 
ぐ く
ぐ く
 そうだけど 、、 
y o u
y o u
 あっ 、やっぱそうなんだ 、、、、 
ぐ く
ぐ く
 何〜?これ 










グクは私の手に握られていた名刺を見た 。









ぐ く
ぐ く
 えええっ 、スカウトぉ!? 
 すごいじゃ〜んっ!!
 やっぱあなた可愛いもんねっ 
y o u
y o u
 かっ 、可愛いっ?/// 
ぐ く
ぐ く
 うんっ 、ほんとに可愛い 
y o u
y o u
 そんな事ないよっ /// 
ぐ く
ぐ く
 照れてる〜〜 ㅋㅋ 










そんな可愛すぎる兎スマイルに見つめられて 、顔真っ赤にしてると 、









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ジョングギに何照れてんだよ〜 










なんか私の上に乗ってきました5歳児が 、、









next