無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第101話

きゅうじゅうろく










支度を済ませて 、会場に向かう 。






もちろんバンタンの曲を聴きながら 。









ピコン _____









また携帯が鳴った 。









y o u
y o u
 💭 まさかテヒョンオッパ 、、、、、
   いや 、そんな訳ないよね 、、、 ㅎ 










" 김태형キムテヒョンから新着メッセージがあります 。"









y o u
y o u
 わぁっ!?!? 









驚きすぎて思わず駅のホームで声出しました ←









y o u
y o u
 あっ 、、、 すいません 、← 









視線こっちに集中しちゃってるので謝りました ←








テヒョンオッパとのカトクを開く 。









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " 今こっち向かってる所かな? " 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " 道迷ったらカトクしてね ㅎ " 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " 待ってるよ " 
y o u
y o u
 " 今ちょうど電車乗るところ〜 " 
y o u
y o u
 " ほんとに楽しみにしてる!! " 
y o u
y o u
 " テヒョンオッパふぁいてぃんっ " 









直接は話せなくてもまた今日テヒョンオッパに会えるんだ 、、、








y o u
y o u
 んふふっ 









一人で笑ってる変質者になったあなたちゃんでした ←










next