無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

さんじゅうに








玄関に入ると 、






ものすごく美味しそうな匂いがした 。







y o u
y o u
 めっっっちゃいい匂い 、、、! 
す あ
す あ
 あっあなた帰ってきたの〜? 
す あ
す あ
 おかえりなさ〜〜〜いっ! 
y o u
y o u
 언니オンニただいまっ! 








私のお姉ちゃんのスア 。






とにかく優しくて 、小さい頃からずっと仲良し 。








す あ
す あ
 あなたがテヒョン君と会えた記念に 
す あ
す あ
 いつもより豪華に作ってみたの〜 
y o u
y o u
 うわぁぁあ 、、、 美味しそう 、、、 
y o u
y o u
 ありがとう언니っ! 
す あ
す あ
 あなたのそんな嬉しそうな顔みたら 
す あ
す あ
 今までの疲れ吹っ飛んじゃう!! 
y o u
y o u
 えっへへっ 
い ぇ じ ゅ ん
い ぇ じ ゅ ん
 あなた〜ちゃんと手洗った? ㅎ 
y o u
y o u
 あっ 、まだだ (((( 
い ぇ じ ゅ ん
い ぇ じ ゅ ん
 手洗いなさい? ㅎㅎ 
y o u
y o u
 はーい ㅎ 









next