無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

ごじゅうきゅう








あなたはまさかの1番目で 、





今はジョングギと話してる 。








ぐ く
ぐ く
 敬語そろそろ辞めない? 








は 、?





何ジョングギ口説いてんだよ 、








y o u
y o u
 えっ 、でもっ 、、、 
ぐ く
ぐ く
 返事は「 わかった 」でしょっ? 
y o u
y o u
 わ 、わかった 、、、! 








しかもあなた照れてる 、、、?






意味わかんねぇ 、、、、、







これが " 嫉妬 " ってやつ 、、、?









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 はいお二人さん時間でーす 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 楽しんでるところ失礼〜ㅎ 
ぐ く
ぐ く
 あーちょっとヒョン〜!! 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 はい 、あなたこっちおいでっ 









ジョングギは邪魔すんなみたいな顔してるけど 、






そんなん関係ない 。










y o u
y o u
 グクさん 、またねっ 
ぐ く
ぐ く
 グクさんじゃなくてグクっ! 
y o u
y o u
 グクっ 、、、! 
ぐ く
ぐ く
 うんっ 、またねっ ^ ^ 









仲良さげに会話する2人を見てると 、







なんかモヤモヤして胸が苦しくなった 。











next