無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第117話

ひゃくじゅうに










メンバーの皆さんと運転手さんにお礼を言って 、テヒョンオッパと車を出た 。








ロビーに着いた 。









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 いつ日本に帰るの? 
y o u
y o u
 明後日帰るよ〜 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 またあなたと離れちゃうのかぁ 、、 
 嫌だ 、、、、、、
y o u
y o u
 カトク繋がったじゃん ㅎㅎ 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 でもあなたと会えないじゃん 
y o u
y o u
 まぁ私また韓国来るんだし ㅎ 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 いつ来るの?? 
y o u
y o u
 どうしよ 、、、 まだ考え中 、、、 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 そっか 、いつでもいいけど 、
 早い方が 、、 ありがたい 、、 かな 、、 
y o u
y o u
 なんで?ㅎ 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 、、、、、、 なんでもっ!ㅎ 









それまで私を真っ直ぐ見つめてたテヒョンオッパの瞳が泳いだ 。








て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 住む所見つかんなくて 、
 ずっとホテルに泊まるくらいなら 
 ほんとに俺ん家泊まりに来なね ㅎ
y o u
y o u
 うん ㅎㅎ 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 何でロビーこんな人多いんだろ 、、 
 今すぐ抱きしめたいのに 、、、 










あまりにもストレートに言い過ぎなテヒョンオッパに思わず笑みがこぼれた 。









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 次会う時までお楽しみにしとこっと ㅎ











next