無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第72話

ななじゅう








ユンギヒョンにそう答えてから 、またあなたを見た 。







て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 最後にあなたの顔見れてよかった 、 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 もし韓国来る時は手紙送ってね? 
y o u
y o u
 うん 、、、!! 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ん 、じゃあ 、またね 、 
y o u
y o u
 またね 、、、!!! 








あなたの頭をぽんぽんして 、背を向けてヒョンの方へ歩き出した 。








y o u
y o u
 テヒョンオッパ 、、、、、、 








あなたがそう呟く声はしっかり聞こえてた 。






きっと 、いや絶対 、すっごい切なくて悲しくて寂しい顔をしながら呟いてる 。






ただ 、俺はあなたの方を振り返らなかった 。






ここで振り返ってまたあなたを見たら 、もう一生ここから離れられない気がするから 。








、、、、 って 、どんだけ依存してんだよ俺 、ㅎ


















next





どなたか 、、 交換宣伝とか 、、 してみませんか 、、 ((小声





てへ ← は?