無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第74話

ななじゅうに








あなたからの手紙を読み返して思い出に浸ってると 、





気付けば眠りについていた 。









じ み ん
じ み ん
 〜 、〜ンア〜 、テヒョンア〜 、 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ん 、、、、 
じ み ん
じ み ん
 テヒョンア〜 、着いたよ 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 あっ 、ごめんジミナ 、、 
じ み ん
じ み ん
 忘れ物ない?大丈夫? 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 うん 、全部持った 、 
じ み ん
じ み ん
 よしっ 、行こうっ! 








空港に着くと 、たくさんの人が待ってくれていた 。








あ ー み ー
 テヒョンオッパ〜〜〜っ!!! 
あ ー み ー
 じみなぁぁぁぁ!!! 
あ ー み ー
 サランヘヨぉぉぉぉ!!! 









ARMY達に手を振って 、車に乗る 。





隣に座ったのはユンギヒョン 。





車が走り出して 、先に口を開いたのはユンギヒョンだった 。








ゆ ん ぎ
ゆ ん ぎ
 テヒョンア 、さっきの話だけど 、 
 テヒョンアが本気で好きなら 
 俺も本気で応援するよ 。
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ヒョン 、、 ありがとうございます 、、 
ゆ ん ぎ
ゆ ん ぎ
 だから 、他のメンバーにも
 ちゃんと自分の気持ちを伝えろよ? 










ユンギさんかっこいい((作者

next