無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第113話

ひゃくはち










駐車場に着く 。









駐車場の中でも一際目立っている車 。









車に全く詳しくない私でさえ 、いい車なんだって一目見ただけで分かるほどの高級感 。








もちろんバンタンはそれに乗っていく 。









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 あなたおいで 、足元気を付けてね 










テヒョンオッパがずっとエスコートしてくれていた 。







車に乗り込む 。









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 大丈夫?狭くない? 
y o u
y o u
 充分広いよ ㅎ 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ならよかった ㅎㅎ 










私は間に挟まれてるんです 。









テヒョンオッパと誰かと言うと 、、、










ぐ く
ぐ く
 ヒョン 、あなたのこと潰したら 
 許しませんからねっ ㅎㅎ
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ジョングギこそ潰すなよ ㅎㅎ 
ぐ く
ぐ く
 狭かったらいつでも言ってね?? 
y o u
y o u
 ありがとうグクっ 










ジョングク氏ぃ ←










next