無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第92話

はちじゅうきゅう







.





て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 怪我とかしてない 、? 
y o u
y o u
 う 、うんっ 、大丈夫 、だよっ 









優しい目で見つめられて 、明らかに動揺してるのを隠せずに返事をした 。








て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 よかった 、、、 怖かったよね 、 
y o u
y o u
 怖かった 、、、 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ごめん 、見つけるの遅かった 、 
y o u
y o u
 テヒョンオッパは何も悪くないよっ 
 助けてくれてありがとう 、
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 あ 、あと 、ぽっぽも 、 
y o u
y o u
 !!/// 









あーもう絶対私あからさまに反応しちゃったじゃん 、









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 初ぽっぽ 、、、 ちゃんとしたかった 









え 、そこ!?←







流石4次元 、、、









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 もっかいしなおす?ㅎ 









待って待って待って 、流石に2回目は 、、、









y o u
y o u
 テヒョンオッパだめだってば 、 
 、、、 彼女さん 、、、 いるんでしょ 、 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 あーそれは 、 








.





て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 いないよ 











next