無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第124話

ひゃくじゅうはち











いつもよりもラフな服装で家を出た 。









テヒョンオッパに会う時はとにかく気合を入れてお洒落して行くから新鮮 、、、









y o u
y o u
 よしっ!!! 










身支度を済ませてロビーを出た 。









すぐ私の目に止まったのは 、









y o u
y o u
 あれって 、、 昨日の車 、、、? 










思わず立ち止まって車を見つめてると 、扉が開いて中から私に声を掛けてくれたスタッフさんが出てきた 。









す た っ ふ
 あなたさん!
 事務所まで送ります! 
y o u
y o u
 ありがとうございます 、、、!! 










車の中を見ると 、そこには









ぐ く
ぐ く
 あれっあなたじゃん ㅋ 
y o u
y o u
 グク〜 ㅋㅋ 











可愛い兎さんがいました ㅋㅋ










next