無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

さんじゅうご








女子会を終えて 、自分の部屋に戻る 。









y o u
y o u
 あっ 、そうだっ 、、、 








引き出しから取り出したのは 、レターセット 。








y o u
y o u
 お手紙書こうっと 








テヒョン君を目の前にすると 、





焦って頭が真っ白になって何も話せないから 、





冷静な今のうちに伝えたいこと書いて渡そう!








y o u
y o u
 ええぇ 、、、 なんて書こう 、、、 
y o u
y o u
 よしっ 、 








『 心の底から大好きな キムテヒョン君へ ___ 』













私が防彈少年團を好きになったきっかけ 、





その中でテヒョン君が好きだってこと 、






テヒョン君の好きなところ 、







全部書いた 。











y o u
y o u
 これを明日渡すんだ 、、、! 








そう心に決めて 、封筒に封をした 。










next