無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第126話

ひゃくにじゅう











事務所内の廊下をグクと歩いて練習室を目指す 。








ぐ く
ぐ く
 あなた緊張してる?ㅋㅋ 
y o u
y o u
 そりゃするよ ㅋㅋ 
ぐ く
ぐ く
 緊張なんかしなくていいよ ㅋㅋ 
 これから何回も来るんだしっ ㅋㅋ 











そうだけど 、緊張するもんは緊張するのよ ((









他の部屋の前を通る時 、ちょうどドアが開いた 。









y o u
y o u
 わっ 、 
ぐ く
ぐ く
 大丈夫!? 
y o u
y o u
 びっくりしたぁ〜 、 
な む じ ゅ ん
な む じ ゅ ん
 あっごめんなさいっ! 
 、、、、、 ってジョングガ??ㅎ 
ぐ く
ぐ く
 ちょっとヒョン危ないですよ!ㅋ 
な む じ ゅ ん
な む じ ゅ ん
 ん?あなたさんがどうしてここに? 
y o u
y o u
 あ 、えっと 、その 、、、 










あまりにも突然すぎてテンパって言葉が詰まる 。









ぐ く
ぐ く
 僕達の練習見学ですよっ ㅋㅋ 
な む じ ゅ ん
な む じ ゅ ん
 あーそうだったんですねっ! 
y o u
y o u
 はいっ 、、、!! 
な む じ ゅ ん
な む じ ゅ ん
 まぁまぁそんなに緊張なさらず ㅎㅎ 
 一緒に行きましょ ㅎㅎ










優しさと大人の余裕溢れてる 、、、 さすが 、、、












next