無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

ろくじゅういち








その後 、ファンの子と話してる時も 、





視界に映るあなたが気になってた 。








、、、 え 、






y o u
y o u
 っ 、 








何で泣いてんの 、、、 ?










全員へのサインが終わって 、





フリーな時間になってすぐ 、





俺はあなたの所へ行った 。









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 あなたっ 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 何でさっきあんな泣いてたの? 
y o u
y o u
 えっ 、何もないよ 、、、 っ 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 そっか 、、、、、 








嘘つけ 。あんな泣いてたのに 。










て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ねぇカメラ貸してっ 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 動画撮りたいっ 







俺はとにかくあなたに笑っててほしかった 。












next








coming soon ____ 。