無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第141話

ひゃくさんじゅうご











グクは私にコーンポタージュを渡して隣に座った 。








ぐ く
ぐ く
 あ〜楽しかった ㅋㅋ 
y o u
y o u
 楽しかったね ㅋㅋㅋ 
ぐ く
ぐ く
 、、、 やっぱあなたの笑顔可愛い ㅋ 
y o u
y o u
 へ 、、、? 
ぐ く
ぐ く
 だから可愛いんだってば ㅋ 
y o u
y o u
 いきなりどうしたの?ㅋ 










グク頭でも打った???←










ぐ く
ぐ く
 ごめん 、口滑った ㅋ 
y o u
y o u
 なにそれ ㅋㅋ 









.


ぐ く
ぐ く
 あなたの笑顔 、好きだよ俺 ㅋ 











まっすぐ私を見つめる目は今までのいたずらっ子みたいな目じゃなかった 。









ぐ く
ぐ く
 遅くなっちゃうし帰ろっか! 
 立てる?











私に手を差し出してくれるグク 。









そんなグクがキラキラして見えて 、心臓ドキドキしてるなんて言えない 。








y o u
y o u
 ありがとうっ 、! 











グクの手に私の手を重ねると 、グクの顔が一気に明るくなって 、私の心臓の鼓動がより早くなった 。









y o u
y o u
 💭 私 、、、
   グクにドキドキしてる 、、、? 











next