無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第122話

ひゃくじゅうろく










あの後もかれこれ1時間 、テヒョンオッパと電話をして他愛もない話をした 。









ライブで相当疲れてるはずなのに 、寂しくならないように電話してくれる優しい所が大好き 。









y o u
y o u
 " 、、、 眠くなってきちゃった ㅎ " 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " もう寝よっか " 
y o u
y o u
 " うん
  オッパ疲れてるはずなのに 、、、 
  ごめんね 、、、? " 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " 俺は大丈夫だよ 、
  あなたの声聞いたら吹っ飛んだ " 
y o u
y o u
 " ちゃんと寝て疲れ取りなさい (( " 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " はいは〜い ㅎㅎ " 
y o u
y o u
 " おやすみ〜 " 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " おやすみあなたっ " 











通話終了ボタンを押す 。









私はそのまま眠りについた 。










next (( 短いごめんなさい ←