無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

さんじゅうろく









お風呂に入り 、歯を磨き 、布団に入る 。







今日は叫んだり泣いたり笑ったりしたから 、




きっと疲れが溜まってたんだ 。







私はすぐ眠りについた 。












翌朝 ______







y o u
y o u
 今日もテヒョン君に会える 、、、! 









私の支度の手際は今までで1番速かった 。








昨日言われた通りポニーテールに髪を結ぶ 。











て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " 今みたいに髪下ろしてたら " 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " せっかくの可愛い顔が 
  よく見えない " 








ふと思い出し何回も脳内再生されるテヒョン君の声 。










y o u
y o u
 っ 、/// 








私を見てテヒョン君どんな反応するのかな 、、、









next