無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

よんじゅうよん








テヒョンオッパはサラサラっとサインを書き終わり 、






顔を上げて真っ直ぐ私を見つめる 。









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 もうしばらく
 あなたに会えないのか 、、、 









切なそうな目で私を見つめてくるから 、





私も寂しくなってきて 、









y o u
y o u
 離れたくない 、、、 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 俺も 、、、 








するとテヒョンオッパが手を差し出してきて 、








て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 俺の手握って? 
y o u
y o u
 うん 、 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 絶対あなたのこと忘れたりしないから 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 絶対絶対絶対また会いに来て 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 それまで俺ずっと頑張る 。 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 約束 、、、 してくれる? 
y o u
y o u
 もちろん 、、、 









さっきまでふわふわしてたテヒョンオッパとは全く違くて 、






すごくかっこよかった 。









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ん 、 
す た っ ふ
 お時間です〜 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 またねっ!あなた! 
y o u
y o u
 テヒョンオッパまたね! 









テヒョンオッパはギリギリまで私の手を離してくれなかった 。








next