無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第131話

ひゃくにじゅうご










ジミニヒョン 、、???









じ み ん
じ み ん
 ジョングガ出てくるの遅いから
 みんな心配してるよ 、大丈夫? 
ぐ く
ぐ く
 っ大丈夫です 、今出ます! 











個室を出た 。









じ み ん
じ み ん
 ジョングガ 、、 
 もしかして 、、 あなたの事 、、? 
ぐ く
ぐ く
 え 、? 
じ み ん
じ み ん
 いや 、テヒョンアがあなたといると 
 ジョングガ明らかに元気ないから ㅎ 
ぐ く
ぐ く
 そんな分かりやすいですか俺 、、? 
じ み ん
じ み ん
 うん ㅎ 










ジミニヒョンには相談していいかな 、










ぐ く
ぐ く
 ヒョン 、俺はあなたが好きです 、 
 だけど 、あなたは 、、、、、、
 、、、、 俺じゃないんです 、、
じ み ん
じ み ん
 テヒョンアの事が好きだって? 
ぐ く
ぐ く
 はい 、、 
 ジミニヒョンが俺だったら 、 
 どうしますか 、??









.

じ み ん
じ み ん
 俺だったら奪いに行くよ 
 振り向いてもらえるように必死に 
 アピールする
じ み ん
じ み ん
 諦めたら振り向いてもらえる可能性 
 無くなっちゃうんだよ 、?











、、、 そっか 、、、、、、、、









ぐ く
ぐ く
 俺 、、 頑張ります 、 
じ み ん
じ み ん
 頑張れジョングガ 
ぐ く
ぐ く
 ありがとうございますヒョン 










ジミニヒョンに背中を押してもらって 、前を向けた気がした 。









Jungkook side END ___