無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第144話

ひゃくさんじゅうはち










日本に着いた 。









い ぇ じ ゅ ん
い ぇ じ ゅ ん
 あなた〜〜〜っ!!!!! 
す あ
す あ
 おかえりなさいっ!!!! 










私の姿が見えた途端 、2人が走って抱き着きに来ました ((









y o u
y o u
 わぁっ!ㅎㅎ 
い ぇ じ ゅ ん
い ぇ じ ゅ ん
 無事に帰って来れて良かった 、、、 
す あ
す あ
 心配だったぁ 、、、 
y o u
y o u
 ありがとう 、、、 っ ㅎㅎㅎ 
い ぇ じ ゅ ん
い ぇ じ ゅ ん
 よしっ 、家に帰ろうっ 
y o u
y o u
 うん!!










こうやって오빠の車に揺られるのも久しぶり 、、、








気付いたら私は眠りについていた 。










い ぇ じ ゅ ん
い ぇ じ ゅ ん
 あなた 、、、?着いたよ?? 
y o u
y o u
 うん 、、、 って 、何その顔 ㅋㅋ 










오빠は眉間にシワを寄せて心配したような顔で私の顔を覗いていた 。









い ぇ じ ゅ ん
い ぇ じ ゅ ん
 何って 、、、
 あなた 、嫌な夢でも見てた 、? 
y o u
y o u
 え?なんで? 
い ぇ じ ゅ ん
い ぇ じ ゅ ん
 いや 、うなされてた 。 
y o u
y o u
 え 、、、 










そういえば 、、、









曖昧な記憶を呼び起こす 。









夢の中の私はとにかく必死にテヒョンオッパを追いかけてて 、









y o u
y o u
 ねぇ 、、、 ねぇってば!!! 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 触んな 、、、 っ 
y o u
y o u
 なんでよっ 、、、、? 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 お前誰だよっ 、 
y o u
y o u
 え 、、、、、、?? 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 いい加減にしないと通報するぞ 、、、 
y o u
y o u
 え 、ねぇ本当に言ってんの 、、、、? 
 あなただよ 、、、、、、、、、、? 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 なんだよあなたって 、、、 
 こんな奴と知り合った覚えない 、、、 










テヒョンオッパにそう避けられる夢 。









避けられる 、、、 というか 、、、 忘れられた夢 。










y o u
y o u
 💭 私 、、、
   本当に忘れられちゃうかも 、、、 











何だか正夢になりそうで一気に不安になった 。











next