無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第114話

ひゃくきゅう











車は私の泊まっているホテルに向かっている 。









テヒョンオッパとグクに挟まれてるせいで鼓動がうるさい 。








トン _____









私の右肩に何かが乗った 。









y o u
y o u
 ん?? 
ぐ く
ぐ く
 すー 、、 すー 、、、、、 










寝ましたジョングク氏 ((









y o u
y o u
 💭 そりゃ疲れてるよね 、、、 
   あんなに歌って踊ったら 、、、 











ぐっすり眠ってるグクを見ながらそんな事を考えてると 、








ギュッ ______









今度は左手が誰かに握られました 。









誰か 、っていうか 、一人しかいないんだけど 、、









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 何そんなジョングギのこと見t、、、 
y o u
y o u
 しーっ 、起きちゃう 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 え?寝たの? 
y o u
y o u
 うん 、ぐっすり ㅎㅎ 
 ライブ終わりだし疲れてるんだよ 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 俺だって疲れたんだけど 、? 










するとそのままテヒョンオッパの頭が私の左肩に乗った 。









next