無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第123話

ひゃくじゅうなな











翌朝 、スタッフさんからカトクが来ていた 。









す た っ ふ
 " あなたさんおはようございます " 
す た っ ふ
 " 今日BTSのレッスンがあって 、 " 
す た っ ふ
 " もしも興味があるようでしたら " 
す た っ ふ
 " 見学に来ませんか?? " 











、、、 え!?










y o u
y o u
 " 行っても大丈夫なんですか 、、? " 
す た っ ふ
 " はい!是非! " 
y o u
y o u
 " 行きます!! " 
す た っ ふ
 " 分かりました!! " 
す た っ ふ
 " メンバーに伝えておきますね " 











テヒョンオッパに会うのが目的じゃないのはもちろんのことなんだけど 、









やっぱりテヒョンオッパを意識してしまう 。










y o u
y o u
 だめだめっ 、
 今はファンとしてじゃなくて 、
 練習生として会いに行くんだからっ 











自分のほっぺを軽く叩いて支度を始めた 。










next