無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第109話

ひゃくよん










今この空間にはテヒョンオッパと私だけ 。








そう意識して心臓がうるさいです 、←









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 あなた 、、? 
y o u
y o u
 んっ 、? 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 、、、 ううん 、なんでもない ㅎ 
y o u
y o u
 何それ ㅎㅎ 










ピコン _____









오빠オッパからのカトク 。









い ぇ じ ゅ ん
い ぇ じ ゅ ん
 " あなたホテル着いた〜?? " 









、、 着いてないけど 、もし知ったら오빠パニック起こしちゃいそうなので 、、 ←








y o u
y o u
 " 着いたよ〜 " 
い ぇ じ ゅ ん
い ぇ じ ゅ ん
 " よかったぁ〜おやすみ!! " 
y o u
y o u
 " おやすみ〜! " 










カトクを閉じて携帯を置いてすぐ 、








私の肩に何かが乗っかった 。










y o u
y o u
 ん 、、? 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 疲れた 、、、、 









肩に乗った物の正体は 、テヒョンオッパの頭 。








y o u
y o u
 ちょっ 、テヒョンオッパっ 、?// 
 スタッフさん来たらどうすんのっ // 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ん 、、、、 ごめん 、、、、 









そう言いテヒョンオッパは私の肩から頭を起こした 。








可愛すぎて死にそう (( 作者心の声ダダ漏れ









next