無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

よんじゅうご









席に戻ってからもずっとテヒョンオッパから目が離せなかった 。








テヒョンオッパはそんな私を見て笑ってた 。









でも 、その笑顔は他のファンの子にも向けられた 。










y o u
y o u
 💭 そっか 、私だけじゃないんだ 。 









テヒョンオッパは世界的に人気なアイドルで 、






テヒョンオッパを好きな子なんてたくさんいる 。







テヒョンオッパに顔を覚えられてる人だって 。








私もその中の1人 。









ただのファンなんだった 、、、









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 アミのみんなわぁ〜 、 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ほんとに綺麗です 








目の前にいるファンの子に日本語で話すテヒョンオッパ 。






「 ほんとに綺麗です 。」






その言葉が聞こえてしまった 。








y o u
y o u
 っ 、 









何でこんな胸が痛くなるんだろう 。







私だって充分ファンサービスしてもらったじゃん 。







y o u
y o u
 💭 テヒョンオッパは 、、、 
y o u
y o u
 💭 私だけのものじゃない 。 








当たり前の事じゃん 、なのになんでっ 、、、








y o u
y o u
 なんで涙出てくんのっ 、 








私の目からは涙が溢れた 。







なんだか自分の中で勝手に現実を突きつけられたような気がして 。















私 、、、 多分本気で " 恋 " しちゃったのかな 、、、













next