無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

さんじゅうはち









会場に入り 、席に着く 。





メンバーの登場を待つ間 、




とにかく鼓動の音がうるさかった 。









あ ー み ー
 きゃぁぁぁぁぁ!!!!! 








ファンの歓声と共に現れたのはもちろん 、、、








ば ん た ん
ば ん た ん
 こんにちは〜〜!!!! 
ば ん た ん
ば ん た ん
 防彈少年團で〜す! 








私はすぐテヒョン君に目線をやる 。








て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 あっ 









目が合った瞬間 、



まるで花が咲いたように明るくなる



テヒョン君の表情 。











next