無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

にじゅうご








                      .





あ ー み ー
 きゃああああああ!!! 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 にほんのアミのみんな〜 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 むらさきするよっ 💜 









サイン会が始まった 。









ファンの子とのお話が終わって 、




次の子が来るまでの間 、客席を見渡すと 、、、









目が合った 。








て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ㅋㅋㅋ 








俺がそう笑いかけるとその子は 、





顔を真っ赤にしてアタフタして 、





自分を指さして首を傾げた 。







なんか小動物みたいに可愛くて 、、、









、、、 何故か俺の方がドキドキしてた 。











て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 💭 だめだだめだ 、 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 💭 ファンの子はファン 。 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 💭 今はサイン会に集中 、、、 










next