無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第119話

ひゃくじゅうよん










涙が止まって 、お風呂に入った 。









何をしてても頭からテヒョンオッパが離れることはなかった 。










y o u
y o u
 ちょっとのぼせたかも 、、、 










髪を乾かす前に携帯を見る 。











" 김태형キムテヒョンからの不在着信が1件あります 。"









y o u
y o u
 テヒョンオッパぁぁぁ! 










もともとのぼせて高かった体温が余計上がった気がする 、、、 ←












プルルルル ______









私は電話を掛け直した 。










て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " もしもしあなた〜? " 
y o u
y o u
 " テヒョンオッパごめん 、
  お風呂はいってたの 、、、 ㅎㅎ " 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " てっきりもう寝たかと思った ㅎ " 










やっぱり落ち着くなぁ 、、、、、、









y o u
y o u
 " いきなりどうしたの?? " 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " んー 、、
  特に理由は無いんだよね ㅎ " 
y o u
y o u
 " オッパらしいね ㅎㅎ " 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " どういう意味だよ〜 ㅎㅎㅎ " 










next