無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第105話

ひゃく










生で見たライブのテヒョンオッパは 、画面を通してみるよりも何倍もかっこよくて 、








そして何よりも輝いて見えた 。









y o u
y o u
 💭 私もああなりたいな 、、 










、、、、 私の幼い頃からの夢 、それは









アイドルになって皆に笑顔と夢を与えること 。









だから 、世界で活躍するアイドルでいつも私たちに笑顔をくれる 、輝いたバンタンは本当に憧れの人 。








ば ん た ん
ば ん た ん
 以上!BTSでした〜!! 










最高に楽しかったライブはあっという間に終わってしまった 。








y o u
y o u
 💭 かっこよかったなぁ 、、 










余韻に浸りながら오빠オッパの車が止まっている場所まで向かっている時 、








.
 あの 、すいません 
y o u
y o u
 は 、はい 、、? 
.
 こういう者なんですけれども 、、 









そう言って一枚の名刺を渡された 。









その名刺に目をやると 、書かれていたのは 、










" Big Hit Entertainment "










y o u
y o u
 えっ 、、 Big Hit 、、? 










それだけでもびっくりしたのに 、











" スカウト担当者 "










この文字を見て更に心臓が飛び上がった 。











next