無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第70話

ろくじゅうはち








あなたは今にも涙が溢れそうな潤んだ目で俺の事を見ながら 、









y o u
y o u
 テヒョンオッパ 、、、 っ 
 会いたかったぁ 、、、 っ 









あぁ 、もうほんとにずるい 。









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ばか 、1日も経ってないのに ㅎ 









平気な素振りでいつも通り返すけど 、




ほんとは俺だって会いたかったし 、




今すぐ抱き締めてあげたいくらい嬉しい 。








す た っ ふ
 周りの方の迷惑になりますので 、、、 
 お帰りください〜 、








タイミング悪くスタッフさんが来た 。







すると 、あなたがバランスを崩して転びそうになる 。









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 💭 危ないっ!!!! 









俺は咄嗟にあなたを抱きかかえて助けていた 。








て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 危なかったぁ〜 、、、 
 








next