無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

さんじゅうきゅう








テヒョン君は私の目の前の席 。








y o u
y o u
 嘘 、、、 ちっか 、、、 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ㅎㅎ 








放心状態の私に手振ってくれるテヒョン君 。








y o u
y o u
 💭 私1番だし行かなきゃっ 、、、! 








軽く深呼吸をして自分の心拍数を抑えてから 、





メンバーの元へ向かう 。















next ((((短い←