無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第135話

ひゃくにじゅうきゅう











練習が終わった 。









す た っ ふ
 お疲れ様です!
 車もう用意してありますよ! 
ば ん た ん
ば ん た ん
 ありがとうございます! 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 あなた行こっか 











テヒョンオッパが私の手を取ろうとして指先が触れた時 、








誰かに遮られた 。









ぐ く
ぐ く
 テヒョンア 、
 今日は俺が先にあなた予約してる 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ジョングガ 、、? 
ぐ く
ぐ く
 ほらあなた行くよっ? 
y o u
y o u
 あ 、、 うん 、オッパごめん 、っ 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ……… 











テヒョンオッパはただどこか一点を見つめてた 。








y o u
y o u
 💭 あぁ絶対嫌われた 、 











車に乗った 。









テヒョンオッパの隣にいるものの会話はゼロ 、、









ぐ く
ぐ く
 マネージャーニム 、
 俺らここで降ります 
y o u
y o u
 ここ? 
ぐ く
ぐ く
 うん 











車の扉が開いて 、グクが先に降りた 。









私も降りようとシートに手をついた時 、何かが私の手の上に被さった 。









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 あなた 、またね 、 
y o u
y o u
 オッパまたねっ 、 











next