無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第120話

ひゃくじゅうご









.




て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " 今日のライブどうだった? " 
y o u
y o u
 " すっごい楽しかったよ!! " 
  それに 、、、、、、










.





y o u
y o u
 " オッパ本当にかっこよかった " 












そう口にするとぶわっと私の体が熱くなった 。









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " やった 、嬉しいっっ " 











テヒョンオッパの声のトーンだけでも想像出来る 、あの満面の眩しすぎるくらいの笑顔 。









余計に会いたいって想いが込み上げてきた 。










て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " っていうかあなた 、
  絶対さっきまで泣いてたでしょ " 
y o u
y o u
 " なんで? ㅎ " 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " 声が泣いた後の声してる ㅎㅎ " 










どうしてこんなにもすぐバレてしまうんでしょうか ((








y o u
y o u
 " だって 、、、 " 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " だって? " 
y o u
y o u
 " 離れるの 、寂しくて 、、 " 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 " 次会った時も
  ぽっぽしてあげよっか?ㅎ " 
y o u
y o u
 " ばかっ ㅎㅎ " 












next