無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

さんじゅういち








会場を出ると 、








い ぇ じ ゅ ん
い ぇ じ ゅ ん
 あなた〜??帰るよ〜? 









오빠が車で迎えに来てくれました 。








い ぇ じ ゅ ん
い ぇ じ ゅ ん
 楽しめた?? 
y o u
y o u
 うんっ!!ほんと楽しかったっ! 
い ぇ じ ゅ ん
い ぇ じ ゅ ん
 よかったよかった 








오빠オッパの車に揺られながら景色を眺めてると 、






だんだん瞼が重くなってきて 、







い ぇ じ ゅ ん
い ぇ じ ゅ ん
 、、、〜?〜?あなた〜? 
y o u
y o u
 ん 、、、 はっ 、 
y o u
y o u
 ごめん오빠! 
い ぇ じ ゅ ん
い ぇ じ ゅ ん
 いいよいいよ 
い ぇ じ ゅ ん
い ぇ じ ゅ ん
 体力使って疲れたんだね ㅎ 
y o u
y o u
 うん ㅎ 










next