無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第106話

ひゃくいち









え 、、 私が 、、 Big Hitにスカウト 、、?









.
 今もし事務所に所属なされてなくて 
 もし興味があったら 、
 是非うちの練習生に
 なって頂けませんか? 










、、、、 夢みたい 。









y o u
y o u
 ぜひやりたいです 、、 っ!! 
.
 本当ですかっ!! 
 もしこの後お時間あれば 、
 少しお話したいのですが 、、 
y o u
y o u
 大丈夫です 、! 
.
 ありがとうございますっ!
 それでは 、こちらへどうぞ 、 










そのまま私は関係者しか入れないであろう場所に案内された 。








私の心臓はとにかくドキドキしてて 、








夢に近づけた 、、 って事実に浸っていた 。









.
 こちらのソファにお掛けになって 
 お待ちください
y o u
y o u
 はい 、ありがとうございます 、、! 










スカウトマンの人はどこかへ行ってしまった 。









次の瞬間 、









ガチャッ _____









な む じ ゅ ん
な む じ ゅ ん
 お疲れ様です〜 
ほ そ く
ほ そ く
 お疲れ様でした〜! 






.




y o u
y o u
 、、 えっ 、、 











next