無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

ごじゅうなな








全身が熱い 。






テヒョンオッパがいきなりあんなこと言うから 、、、







ゆ ん ぎ
ゆ ん ぎ
 テヒョンア〜 、置いてくぞ〜 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 あ〜ユンギヒョン待って!! 








ユンギさんにそう言って 、また私の事を見るテヒョンオッパ 。









て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 最後にあなたの顔見れてよかった 、 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 もし韓国来る時は手紙送ってね? 
y o u
y o u
 うん 、、、!! 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ん 、じゃあ 、またね 、 
y o u
y o u
 またね 、、、!!! 








私の頭を優しくぽんぽんと手を乗せた後 、






背を向けて他のメンバーの元へ行ってしまった 。








どんどん小さくなってく背中を見ると切なくなった 。









y o u
y o u
 テヒョンオッパ 、、、、、、 














next