無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第139話

ひゃくさんじゅうさん










海に着いた 。









波の音と潮風が気持ちいい 。











ぐ く
ぐ く
 もうちょっと早かったら 
 夕日綺麗に見えたかもね 、ㅋ 
y o u
y o u
 沈んじゃったね ㅎㅎ 
ぐ く
ぐ く
 んまっ 、これはこれでいっか ㅋ 








.



ぐ く
ぐ く
 よしっ行くよっ!ㅋㅋ 
y o u
y o u
 んぇ!?ㅋ 










グクは私の手首を掴んで海へと走って行った 。









y o u
y o u
 冷たい!!!ㅋㅋㅋ 
ぐ く
ぐ く
 冷たぁぁぁ ㅋㅋㅋ 










足首あたりまで海水に浸かってきゃーきゃー騒いでます ←









y o u
y o u
 ねぇ不意打ちすぎる!!ㅋㅋ 
 心の準備してなかった!! ㅋㅋ 
ぐ く
ぐ く
 ごめんって!!ㅋㅋㅋ 
y o u
y o u
 もぉぉぉぉっ 、ㅋㅋ 











私はグクにぱしゃぱしゃ水を掛けて反撃した 。









ぐ く
ぐ く
 冷たいって!!やめてやめて!ㅋㅋ 
y o u
y o u
 ひゃーーーっ!!ㅋㅋ 










グクも私に水を掛けてきて極寒状態です ←













next