無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第130話

ひゃくにじゅうよん



Jungkook side ______











ぐ く
ぐ く
 はぁ 、、、、、、 










あんな幸せそうに話す2人を見て 、嫉妬して俺はトイレだって嘘ついて練習室を出てきた 。









ぐ く
ぐ く
 情けな 、ㅎㅎ 










知らない間に2人はデキてたの 、、?









もしそうじゃないとしても確実に分かるのは 、









あなたは俺じゃなくてテヒョンアが好き 。









ぐ く
ぐ く
 、、 奪いたい 、、 だけど 、、、、 










あなたがテヒョンアといて幸せならそっとしとくべき 、、、、 かな 、、、、








ぐ く
ぐ く
 あぁもうよく分かんない 、 










個室で一人頭を抱えてた時 、









じ み ん
じ み ん
 ジョングガ〜??? 











next











新作いい感じにストーリー出来てきてます😏