無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

ごじゅうよん








翌日 ______








私は 、起きて支度を急いで済ませて家を出る 。






もちろん 、오빠オッパ언니オンニには説明済み 。









y o u
y o u
 えーっと 、、、 空港は 、、、 








ナビを頼りに空港へ向かう 。








y o u
y o u
 ここ 、、、 かな 、、、 








空港に着くとここにBTSが来ることなんて一瞬で分かった 。








あ ー み ー
 いつ来るのかなっ 、 
あ ー み ー
 ついに私も生で見れる 、、、 っ! 
あ ー み ー
 あ〜〜心臓やばい!! 








もう既にBTSの出待ちをしてるであろう人達がいた 。








そして次の瞬間 ____ 、










あ ー み ー
 きゃああああああああ 
あ ー み ー
 ユンギくんんんんん!!! 
あ ー み ー
 ナムジュンオッパぁぁぁぁ! 
あ ー み ー
 グクくぅぅぅぅん!! 
y o u
y o u
 あっ 、 










next