無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7











大きい家だなぁ💭



とキョロキョロしてると

謙杜
玄関じゃあれだよね笑




といい家の中に入っていく







謙杜
適当に座っといて
あなた

はい!



おっきい家だなぁ…

私の部屋と比べたら…笑笑











その後謙杜とたくさん話した。

この前放送してた番組の裏話とか…

とっても楽しかった























謙杜
ねぇねぇあなたちゃんゲーム ・  ・  ・ しない?
あなた

どんなのですか!?

謙杜
めっっちゃ楽しいやつ!!
あなた

やります!!

謙杜
よしっ決まりね
謙杜
じゃあ2階の俺の部屋でやろうか


なんで2階??





まぁ、いっか




あなた

はい!!




ガチャッ









あなた

わぁ~!!すごい洋服とかいっぱいあるー!!




返事が返ってこない



なんでだろうと思って後ろを振り返る










ドサッ












あなた

えっ?




ベットに倒されて、床ドン?ベットドン?されている








あなた

ちょ、長尾くんっ

謙杜
あなたちゃんヤるって言ったよね?
あなた

そ、それはゲームの話しで

謙杜
いや、俺が言ってたゲームってsexのことだから



そ、そんな…








謙杜は私の唇に深いキスをしてくる


あなた

んっんんー


抵抗したいけどキスが気持ちよすぎてできない




それと同時に胸も激しく触ってきた





あなた

あぁぁぁ!!んあっ

謙杜
声出すぎ笑
謙杜
高橋くん帰ってきてたら即バレるよ?
あなた

やだっ

謙杜
じゃあ我慢しな


うわ、ドSだ





やっぱ謙杜はドSなんだな





胸、お腹と手でツーとなぞってくる

その手が私の大事なところにたどり着いた







謙杜
めっちゃ濡れてる


謙杜はちょんと触ってきた
あなた

んっ

謙杜
可愛い


もっと激しく触ってくる





あなた

あっあっあんっあぁっ

謙杜
声出てるねぇ
あなた

な、がおくんやめてっ

謙杜
は?ここまでヤっといて?
謙杜
やめるわけないじゃん?笑





怒ったのか私の中に入れて激しく動かしてくる




あなた

んあぁぁ!!

謙杜
はぁはぁ
あなた

な、ながおくんっイ、イキそうっんっ

謙杜
もうちょっと我慢しろっ

パンパンパンパン




この音が部屋の中に響き渡る


あなた

あぁぁぁっ!!あんっ

あなた

んっも、うだめっ

謙杜
おれもっんあっ



同時に果てた







謙杜
ご、ごめん
謙杜
勝手にしちゃって




どうしよう…


恭平にバレたら…






謙杜もやばいと思ったのか部屋から出ていった





あなた

正直に言った方がいいのかな



でも、そしたら謙杜と恭平の仲が悪くなるかもしれない。



それは絶対に避けたい













恭平には申し訳ないけど


あなた

黙っていよう…





ガチャッ




部屋に謙杜が入ってきた


謙杜
あなたちゃん、これ着といて
謙杜
今から洗濯すれば乾くから!!
あなた

あ、はい、



逃げたんじゃなかったんだ…





謙杜
ごめんね、ほんと…
あなた

いや私こそごめんなさい汗





内緒にできるかな…